iPadとkindleのバッテリー比較

iPadとkindleのバッテリー比較

タブレットに限った話ではありませんが、バッテリーがどの程度まで長持ちするのか、というのはとても大きな問題で、バッテリーが長時間充電せずに使えるというのは、シンプルにして最大の機能とも言えます。逆に充実した機能が揃っている電化製品でも、バッテリーが長持ちしなければ用途を果たすことはできませんので、バッテリーの持ちというのは生命線とも言えます。

タブレットの最大の魅力は外に持ち運びながら大画面でインターネットを楽しんだり、電子書籍を読んだりすることができることです。バッテリーをフルにした状態でどれだけ長時間使うことができるのでしょうか。iPadminiとkindle Fireにて比較してみましょう。

iPadはバッテリー自体は非公開なのですが、Wi-Fiでインターネットを利用したりビデオやオーディオを連続再生させるとなると最大で10時間と言われています。
kindleFireに関しては4,400mAhで連続使用時間が11時間です。

1時間という僅差でありながら、若干kindleの方が長く使えるようです。電車通勤をしていて、通勤途中に電子書籍を読みたい、という方であればkindleの方が良いでしょう。

    Copyright(C) iPadとkindleを徹底比較 All Rights Reserved.