iPadとkindleのサイズ比較

iPadとkindleのサイズ比較

タブレットはノートパソコン以上に、外出時に使う場面も想定されますので、ある程度の携帯性がある、ということが求められます。
つまりある程度融通が効くようにサイズも利便性を損なわずに、コンパクトで長時間バッグに入れても体に負担がかからないようなタブレットが理想的です。その観点で2大人気タブレットであるiPadとkindkeを比較した時に、どちらの方が分があるのでしょうか?

iPad miniの場合、大きさが200 x 134.7 x 7.2 mmでkindle Fireの場合は193 x 137 x 10.3mmが公式的なサイズです。つまり、kindleよりもiPadの方が厚みが薄めであることがわかります。
さらに重さを比較した時にiPad miniは308gであるのに対してkindle Fireは395gです。
iPadの方がkindleの方よりも100g近く軽くなっています。

大きさはそれほど差はないように見えますが、薄さを重視するなら30%ほど薄いiPadの方が良いでしょう。
重さは見ようによっては微々たるものですが、電子書籍で読書をしようとした時には、ある程度長時間タブレットを持ちっぱなしの状態が想定されます。それを考えると100g近く軽いiPadの方が良いのかもしれません。

    Copyright(C) iPadとkindleを徹底比較 All Rights Reserved.